← Return to press releases

オビエドにおける国際チーズフェスティバルの一翼を担う世界チーズアワードの主催国に蘇るスペイン


04/05/2021 Download PDF Download Plain Text

ギルド・オブ・ファインフード社は、今年度11月3日水曜日に、スペイン・アストゥリアス州のオビエドで、世界チーズアワードを開催すると発表しました。 新型コロナウイルス感染症のため世界のチーズキャピタルとしてのオビエドの主催保有期間を延長して、第33回を迎える同コンペは、チーズ研究所(Instituto del Queso)がアストゥリアス州とオビエド市議会とのパートナーシップで開催し、アストゥリアス・自然の楽園・ 国際チーズフェスティバル 2021の一環をなしています。

1年もの間、チーズメーカーやその業界全体に対し先例のないチャレンジが強いられていましたが、ここに世界のチーズコミュニティが一堂に会する機会を得て、その中心的存在である国際チーズアワードが、畏敬の念をも起こさせる同市の展示・議会パレス(Palacio de Exposiciones y Congresos)で催され、チーズに特化した4日間のフェスティバルで話題をさらいます。今年は11月3-6日間、同市にチーズワールドが結集し、2019年にイタリアのベルガモでの審査での42か国から3,804件の記録的なエントリーに続き、同コンペはかつてにないほど大規模で、より国際的な催しとなります。

世界の隅々からの審査員、エントリー、フォロワーを心より歓迎するオビエドは、チーズ業界が再会を果たし、そのネットワークを張り巡らせ、未来を見据える最適な場を提供します。国際チーズフェスティバルは、アストゥリアス地域の豊かなチーズ作りの伝統を基に、展示会、第2回乳製品技術革新科学フォーラム、世界チーズアワードの審査会場ツアー、実験的な試食会、アストゥリアス農業食品フォーラム、オリジンゾーン(PGI-地理的表示保護、PDO-原産地呼称保護等のEU品質スキームの探求ゾーン)、チーズマーケット、さらには美食チーズのコメディラインナップまでを含む、チーズ業界そして消費者双方の来場者向けのイベント満載プログラムを提供します。

世界チーズアワードの主催者であるギルド・オブ・ファインフード社のマネージングディレクター、ジョン・ファランド(John Farrand)氏は、次のようにコメントしています。「過去12か月間の試行錯誤や試練の期間を経て、今、ここに世界チーズアワードがスペインで蘇る計画を立てるに至ったことは非常な喜びです。チーズワールドはコロナウイルス感染症のため大きな経済的打撃を被りましたが、続々と多くの国からの多大な民間サポートの渦の中、今年のコンペは、かつてにないほど重要な意義深いものとなります。チーズコミュニティが再び会い交え、経験を共有し、ビジネスを推進する機会を得るだけでなく、アワードそのものがチーズ作りに息づく職人技の維持だけでなく、それ以上に尽力してきたチーズメーカーに対して、その努力の賜物として正当な評価を提供するものです。同コンペは過去30年間で初めての延期という事態に直面しましたが、私どもがチーズ研究所、アストゥリアス州、そしてオビエド市議会といった献身的なパートナーを得たことは極めて幸運なことと申せましょう。今後、このようなパートナーと共に世界でもまれにみる世界最大のチーズのみの催しを開催し、これを機会に同州のレストラン、食品メーカー、観光業の活性化のための促進剤的役割を果たすことを切望しています」。

アストゥリアス・自然の楽園・ 国際チーズフェスティバルのディレクター兼チーズ研究所のCEOであるルイサ・ヴィレガス(Luisa Villegas)氏は、次のように付け加えました。「バリューチェーン全体を通してチーズを卓越した食品へと高める様々なエージェントのためにプロの空間を創造することが必要です。主なゴールは、チーズ業界の質的な飛躍のためにこのようなプロの人たちの交流の場を実現することです。アストゥリアスはスペインの最も重要な酪農地域で、チーズを将来の必須食材として位置付ける動きを率先して担う上で極めて適切な立場にあります。同国際フェスティバルでは持続可能性をテーマに、製造者、研究家、投資機関、官民双方の組織の方々がオビエドに集います。同フェスティバルはこれらセクターから世界的に最も有力なプロの方々をお迎えします。チーズ研究所が公的機関や観光業から小売り業界までを含む地元のエージェントからの支援を受けて、アストゥリアス・自然の楽園・ 国際チーズフェスティバル2021を主催することは名誉に尽きると言えます」。

世界チーズアワードは、スペイン、オビエドの展示・議会パレスを舞台に、20211136日間に催されるアストゥリアス・自然の楽園・国際チーズ・フェスティバル2021の一環をなしています。

より詳しくは、次のいずれか宛てにご連絡ください。

Sam Brice at Freshly Ground PR

+44 (0) 7961 635960

sam@freshlygroundpr.co.uk

Tortie Farrand at the Guild of Fine Food

+44 (0) 1747 825200

tortie.farrand@gff.co.uk

世界チーズアワード すべてのチーズ愛好家が決して見逃すことのできないイベントである世界チーズアワードは、30年以上にわたり、チーズの伝統、革新、卓越性を称えて、世界中のチーズメーカー、小売業者、バイヤー、消費者、食品評論家を結集してきました。ヨーグルト、クリーム、バター、その他の乳製品は出品することの出来ない世界最大のチーズのみのイベントで、小さなチーズ職人から世界的に影響力のある世界最高のチーズメーカーまでプロモートしています。 審査員は2-3名のチームで審査し、ブロンズ、シルバー、またはゴールド賞に値するチーズを特定します。各エントリー品の外観、感触、香り、味を評価し、外皮やペーストの外観、チーズの芳香、味わい、歯ごたえなどの点を採点し、大半の評点は風味と口当たりに授与されます。次に、各チームは、チームのテーブルからスーパーゴールドとして特別に優れたチーズを1点選定します。これらの世界最高のチーズは、さらに16人の国際的に定評のある専門家のスーパージュリーによって2度目の審査が行われ、それぞれが最終審査でチャンピオン候補となるチーズを選択します。そして世界の隅々までを代表するスーパージュリーは、生放送の世界チーズアワードテレビ番組で世界チャンピオンチーズを決定する前に、消費者やチーズ業界の実際の聴衆の面前で最終候補の16品目のチーズを審議し合います。   Web: www.gff.co.uk/wca Instagram: @guildoffinefood Twitter: @guildoffinefood #WorldCheeseAwards   アストゥリアス・自然の楽園・国際チーズフェスティバル アストゥリアス・自然の楽園・国際チーズフェスティバル 2021は、その年の最も重要な美食イベントで、11月3日水曜日から11月6日土曜日まで、オビエドの展示・議会パレス(PEC)で開催されます。 チーズに特化した同フェスティバルのプログラムは、世界で最も重要なチーズ・コンぺである世界チーズアワード2021の祭典を含む、一連のイベントを開催します。 アストゥリアス・自然の楽園・国際チーズフェスティバル 2021は、今年のチーズ部門を披露する最重要イベントであり、来場者は、5大陸からの最も伝統的なチーズから同部門の新しい傾向のチーズまで、すべてを賞味することができます。斬新なフェスティバル形式が採用され、将来の食におけるチーズの位置付けに関する科学の重要性が強調され、国際的な料理学の著名な専門家たちが参加します。 誰でも参加できる同フェスティバルは、出展社、チーズの専門家、消費者間の相互交流を促します。   Web: www.internationalcheesefestival.com Facebook: @internationalcheesefestival Instagram: internationalcheesefestival Twitter: @cheesefest2021   20215

School of Fine Food contact form

Contact the Guild of Fine Food about training opportunities
Return to the top