← Return to press releases

オビエドにおける国際チーズフェスティバルの一翼を担ってスペインが世界チーズアワード2020の主催国に


02/03/2020 Download PDF Download Plain Text
2020年3月2日月曜日

ギルド・オブ・ファインフード社は、今年11月4日水曜日を皮切りに、スペイン・アストゥリアス州のオビエドで、世界チーズアワード(WCA)を開催すると発表しました。チーズ研究所(Instituto del Ques)が主催するアストゥリアス・自然の楽園・ 国際チーズフェスティバル 2020の一環として、今年で第33回を迎える同コンぺは、畏敬の念をも起こさせる同市の展示・議会パレス(Palacio de Exposiciones y Congresos)で催され、チーズに特化した4日間のフェスティバルで話題をさらいます。

チーズメーカーからチーズ愛好家まで、すべての人たちを含め、世界中のチーズコミュニティが結集する世界チーズアワード 2020は、昨年イタリアのベルガモで審査された42か国からの3,804件のエントリー記録更新に続き、かつてにないほど大規模で、より国際的な催しとなります。 11月4日水曜日から11月7日土曜日まで開催される国際チーズフェスティバルの初日に催されるため、世界チーズアワードの審査が、今年の最も重要な美食イベントのうちの1つとして、他に先駆けスタートを切る形となります。

オビエドは、30を超えるさまざまな国の審査員、6大陸より参加のチーズ群、世界中のフォロワーを迎え、11月にはチーズの世界の中心として注目を集めます。 国際チーズフェスティバルは、アストゥリアス地域の豊かなチーズ作りの伝統に基づいて、展示会、チーズ市場、科学的なチーズ会議、世界チーズ賞の審査場ツアー、実験的な試食会、アストゥリアス農業フォーラム、さらには美食チーズのコメディラインナップまでを含む、消費者とチーズ業界の双方の来場者向けのイベント満載プログラムを提供します。

世界チーズアワードの主催者であるギルド・オブ・ファインフード社のマネージングディレクター、ジョン・ファランド(John Farrand)氏は、次のようにコメントしています。「アストゥリアス州、オビエド市議会とチーズ研究所による非常に印象的な落札を経て、オビエドをWCA 2020の主催都市として発表できることは大きな喜びです。世界中の主催希望都市から関心を集めましたが、WCAをアストゥリアス州で開催するのは、特に同地域の優れた食文化への心からのコミットメントゆえに、決して見逃すことができないほど良い機会だったからです。山の頂上から深い海底まで、正にこのような景色を背景に食を楽しむことができる世界の一地域だからです。WCA 2020では、40か国以上から最大4,000件のチーズのエントリーを予定し、同コンぺのため世界のチーズの祭典がオビエドへもたらされ、同市は世界の美食が行き着く先として確実に知れ渡ります。何千人もの食の専門家、バイヤー、小売業者、消費者、観光客が、これまでには見られない世界最大のチーズイベントの1つを目指し同市へ結集、同地域の永続的な食と飲み物の遺産を創造します」。

国際チーズフェスティバルの主催者であるチーズ研究所のマネージングディレクター、ルイサ・ヴィレガス(Luisa Villegas)氏は、次のように付け加えました。「美食とチーズの一大行事に世界が一堂に会することは素晴らしい限りです。科学、健康、そして未来の食について語るための出会いの場となります。実際、同フェスティバルは、テクノロジー、伝統的な職人チーズメーカー、科学に基づいた新しいバイオテクノロジープロセスが連携して、新しいビジネスモデルに向けて取り組むスペースを構築したいと考えています。チーズはイノベーションの模範を示さなければなりません。もちろん、生産者、チーズメーカー、農業食品産業が同フェスティバルの主役となります」。

今年114日水曜日に開幕し、117日土曜日まで、スペイン、オビエドの展示・議会パレスで開催されまる国際チーズ・フェスティバルの一環をなす世界チーズアワード(WCA)は、114日水曜日に催されます。

世界チーズアワード すべてのチーズ愛好家が決して見逃すことのできないイベントである世界チーズアワードは、30年以上にわたり、チーズの伝統、革新、卓越性を称えて、世界中のチーズメーカー、小売業者、バイヤー、消費者、食品評論家を結集してきました。ヨーグルト、クリーム、バター、その他の乳製品は出品することの出来ない世界最大のチーズのみのイベントで、小さなチーズ職人から世界的に影響力のある世界最高のチーズメーカーまでプロモートしています。 審査員は3〜4名のチームで審査し、ブロンズ、シルバー、またはゴールド賞に値するチーズを特定します。各エントリー品の外観、感触、香り、味を評価し、外皮やペーストの外観、チーズの芳香、味わい、歯ごたえなどの点を採点し、大半の評点は風味と口当たりに授与されます。次に、各チームは、チームのテーブルからスーパーゴールドとして特別に優れたチーズを1点選定します。これらのチーズは世界最高であり、16人の国際的に認められた専門家のスーパージュリーによって2度目の審査が行われ、それぞれが最終審査でチャンピオンとなるチーズを選択します。世界の隅から隅までを代表するスーパージュリーは、生放送の世界チーズアワードテレビ番組で世界チャンピオンチーズを決定する前に、消費者やチーズ業界の実際の聴衆の面前で最終候補の16品のチーズを審議し合います。   アストゥリアス・自然の楽園・国際チーズフェスティバル アストゥリアス・自然の楽園・国際チーズフェスティバル 2020は、その年の最も重要な美食イベントで、11月4日水曜日から11月7日土曜日まで、オビエドの展示・議会パレス(PEC)で開催されます。 チーズを中心にした同フェスティバルのプログラムは、世界で最も重要なチーズ・コンぺである世界チーズアワード2020の祭典を含む、一連のイベントを開催します。 アストゥリアス・自然の楽園・国際チーズフェスティバル 2020は、今年のチーズ部門を披露する最重要イベントであり、来場者は、5大陸からの最も伝統的なチーズから同部門の新しい傾向のチーズまで、すべてを賞味することができます。斬新なフェスティバル形式が採用され、将来の食におけるチーズの地位に関する科学の重要性が強調され、国際的な料理学の著名な専門家が参加します。 誰でも参加できる同フェスティバルは、出品者、チーズの専門家、消費者間の相互のふれあいを促します。.

School of Fine Food contact form

Contact the Guild of Fine Food about training opportunities
Return to the top